コスメ・美容

人に教えたいビタミンC

ビタミンCについて

多くの哺乳動物は、体内でブドウ糖からビタミンCを合成することができます。
しかし、人やモルモットなどの一部の動物は、合成に必要な酵素がなくビタミンCを合成できないため、食事からビタミンCを摂取しなければなりません。
ビタミンCの化学名は、アスコルビン酸で、生体内では通常還元型のL-アスコルビン酸または酸化型のL-デヒドロアスコルビン酸の形で存在しています。

 
ビタミンCはアスコルビン酸ともいわれ、コラーゲンの生成に必須の化合物です。
ビタミンCが不足するとコラーゲンが合成されないため、血管がもろくなり出血を起こします。
これは壊血病といいます。壊血病のその他の症状としては、イライラする、顔色が悪い、貧血、心臓障害、呼吸困難などがあります。
ストレスによるうつを抑制したり、精神不安などの精神的な症状の予防・改善にも役立っています。

また、毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあり、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。
また、⽪膚、動脈、⾎管、⽬、脳、⾻や腱など、すべての臓器に含まれているコラーゲンを作り、維持するためにもビタミンCが不可⽋です

最近はビタミンCの抗酸化作用が注目されており、がんや動脈硬化の予防や老化防止等にビタミンCが有効であることが期待されています。

ビタミンCを多く含む食べ物

・ブロッコリー:120mg
・赤ピーマン:170mg
・黄ピーマン:150mg
・菜の花:110mg
・キウイフルーツ(黄):140mg
・キウイフルーツ(緑):69mg
・レモン果汁:50mg
・イチゴ:62mg
・ネーブル:60mg
・サツマイモ:29mg
・キャベツ:41mg
・ジャガイモ:35mg

-コスメ・美容

© 2021 美Style