ダイエット

ダイエットのリバウンド対策

 

リバウンド対策は停滞期の対応が重要❕

 

リバウンド対策として大事なことは、停滞期のダイエットをどうするかです。

リバウンドに対して適切な対策を立てるため、ダイエットの停滞期について知識を得ておく必要があります。

ダイエットを開始してしばらくはみるみるうちに体重は減りますが、ほどなく減少はストップします。

ダイエットの停滞期といいます。

停滞期の状態にある体には、一体何が起こっているのでしょうか。

指1本動かさずに横になっているだけでも、人はカロリーを使います。

心臓などの臓器は動いていますし、体温も適正な値にキープされているためです。

安静時にも消費する最低限必要なカロリーを基礎代謝といいます。

体重を減らすために食事量を控えていると、体脂肪の他に筋肉も少なくなりがちです。

基礎代謝は筋肉量が減ると減少するため、ダイエット中は基礎代謝が下がってしまいがちです。

リバウンドは、基礎代謝が落ちた状態で食事量を戻すことにより起こります。

停滞期の間は、頑張っているけれど結果がなかなか出ないため、やる気も失われやすく、ついダイエット前の食事に戻してしまったり、自暴自棄になって今までの努力を台無しにしてしまうこともあります。

そのため、停滞期に入っている時でもダイエットを諦めてしまわないことが、リバウンド対策としては有効といえます。

ダイエット中に減った筋肉は、リバウンドが起きると脂肪に置き換えられるといいます。

基礎代謝力が低下した体は、ダイエット前よりも太りやすい体質になっています。

停滞期におけるリバウンドのメカニズムであり、停滞期の対策として重要なポイントでもあります。

停滞期を早く終わらせる方法

食事の方法を見直してみる

食事量を単純に減らしていると栄養素が不足する恐れがあるので、いろんな食材を使って食べる量は減らさず、カロリーが減るように調理のしかたを見直してみましょう。

生で食べる。茹でたり蒸したりする。など油をつかわない料理にするだけでカロリーが減ります。

ただし、油はオリーブオイルなど積極的に取った方が良い油もあるので抜きすぎないように気をつけて。

 

薄味にすることでご飯の量が減ったり、塩分量が減るのでむくみ対策にもなります。

食事の栄養素を補う方法で、マルチビタミンなどサプリメントを使うのも手です。

野菜のビタミンも減っている昨今なので、栄養不足も解消できるかも。

 

ダイエット中に不足しがちなたんぱく質やオリーブオイルなどのカラダにいいオイル、発酵食品や食物繊維などをバランスよくとり、痩せる食事ではなく、腸内環境を良くする食事、デトックスに特化した食事など、『カラダが満足するいい食事』に目線を変えてみるといいでしょう。

 

ダイエットの環境を考えてみる

ダイエットを開始したころは、キツイと感じていたトレーニングも、トレーニングにだんだん慣れていくと、キツさをあまり感じなくなります。

トレーニングに慣れてしまうということは、現在の体への効果が薄くなっているというサインです。

ダンベルなど、重さでトレーニングしている場合は、少しずつ重くしてキツさを感じるレベルに変えてみるのもおススメです。

さらに、今までとは違う運動を取り入れてみたり、トレーニングの場所や環境を変えてみるのもいいです。
カラダが現状に慣れてしまい楽をしないように、常に何かにチャレンジするような気持ちでトレーニングをしてみましょう。

 

裏技的な方法で、すこし体に負担はかかりますが、起床後何も食べずに有酸素運動をすると、体に糖質がない分、いつもより脂肪が優先的に燃やされるので痩せやすいです。

食事量を戻してみる

ダイエット中に食事の量を戻したら体重が戻ってしまうのでは?と思いがちですが、停滞期では食事量を戻してみるのもひとつの方法なんです。

 

食事制限をしすぎて1日の摂取カロリーが基礎代謝量以下の場合も停滞の原因となるためです。

 

基礎代謝量以下しかカロリーをとっていないと、体の生命維持装置が働いて、体の代謝量を極端に落とし痩せにくくしてしまうそうです。

そのため、食事量を増やし1日の摂取カロリー目安に近づけることで、一時的に体重は増えますが代謝量がまた戻るので再び体重は落ちていきます。

1日に必要なカロリー かんたん計算ツール (fukla-health.com)

 

 


-ダイエット

© 2021 美Style