コスメ・美容

メディカルエステでの美白治療と効果について

お肌を白く美しい状態に保ちたいという人の間で最近注目されているのは、美容クリニックのメディカルエステです。

医療の知識を持つ医師の指導を受けながら、イオン導入が行われることが、メディカルエステの美白ケアの特徴です。

メディカルエステでは、美白に高い効果があるというプラセンタビタミン誘導体などの成分が使われています。

プラセンタの効果

お肌はいちばん外側の表皮と、表皮の下の真皮がありますが、プラセンタはその両方に効果を発揮してくれる優れものです。ほとんどの化粧品は表皮にしか効果がないものが多いです。
プラセンタ配合化粧品でも真皮にとどきませんが、サプリやドリンク、注射など、内側から届ける商品が多いです。

さらに、シワ・たるみ・ほうれい線などの『老け見え原因』の解消が期待できます。

にきび跡や毛穴の開きを修復する働きもあるといわれていて、にきびが出来にくい肌にすることもプラセンタの特徴の一つです。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンCは化粧品に配合しにくい性質があります。
水に溶かしたり、空気に触れることで酸化すると効果がなくなるからです。

酸化しにくく肌に浸透しやすい成分に人工的に作ったのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は肌に浸透したらビタミンCに変化するという特徴があります。

  
  
このような、美白にいい成分をイオンの性質を利用して導入すると高い浸透率で肌の奥にまで送り届けることができるようです。

ピーリングも、美白の効果が得られる施術の一つとして、メディカルエステで利用できます。

ピーリングを施すことによって、肌の一番外側に残っていた古い肌を剥がしとり、新しいきれいな肌を表に出します

みずみずしく新しい皮膚を表に出すことで、肌の色をより明るく、より白くできます。

メディカルエステでは、肌を白くする薬として、ハイドロキノントレイノインなどの薬液を用いられます。

これらの成分はメラニン色素を作る機能を抑制することができるので、お肌を白くしたい人におすすめです。

近年では、お肌にメスを入れず美白施術が可能な、レーザーを用いた美容ケアもできるようになっているため、多くの人が利用しています。

メラニン色素の黒いところにだけダメージを集める光をあてることで、しみやそばかすにだけ効果を及ぼし、肌自体には何も起きないという美容施術ができます。

この頃は、再生医療の応用で、お肌に必要な成分を時間をかけて与え続けるような施術も行われており、メディカルエステに関する技術はどんどん便利になっています。


-コスメ・美容

© 2021 美Style