コスメ・美容

化粧水は冷蔵庫に入れた方が効果ある⁈

化粧水やパックを冷蔵庫に入れていますか?

ひんやりしていると効果が上がっていると感じますが、あまり変わらないそうです。

逆に、化粧水のボトル内に結露ができてしまい、水分が入る事によって効果が薄れたり、化粧水が機能しないということもあります。

化粧水は冷暗所での保管が望ましいですが、もともと冷やすことを想定して作られてないので、温度変化によって劣化してしまうからなんです。

毛穴を引き締めたいなら、収れんタイプの化粧品を常温で使いましょう♡

化粧水の保管方法

ボトルなどの口を清潔にして、しっかり蓋をする

化粧水の口は使用するとき、手で触れたりホコリがついたりして、汚れてしまっています。

とくに、化粧水の口を手で触れてしまうと、雑菌がついてしまい、化粧水が劣化する原因になります。

見た目は気にならなくても、使った後はティッシュやコットンできれいにふき取ってから保管するようにしましょう。

乳液にありがちですが、ふき取らずに蓋をするとだんだん固まってきます。

使用するたびに蓋が閉まりにくくなり、雑菌などが入りやすくなるので注意が必要です。

直射日光をさけて、冷暗所で保管

直射日光は、化粧水には大敵!

化粧水は水分なので、直射日光に当たると劣化が早まってしまいます。

水は劣化しやすく、成分が変化しやすい性質なので、安定した状態をキープするためにも、直射日光の当たらない冷暗所での保管をおススメします。

また、高温になる浴室や暖房機器の近くでも、劣化しやすくなります。

化粧水の使用期限は?

意外と知られていませんが、化粧水の未使用状態での使用期限は製造日から3年ほどです。

化粧水に使用期限が記載されていない理由に、「製造又は輸入後、適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定な医薬部外品・化粧品」は使用期限を記載しなくてもいいんです。

化粧水のほとんどが3年を超えても品質が変わらないことの試験をクリアされています。

使用すると、だいたい3か月~1年ほどで使い終わるようにしましょう。

温度変化や、雑菌がはいり劣化することから、使用後はなるべく早めに使いきれるサイズを購入するのをおすすめします。

使用開始日をボトルなどに記入しておくと、管理しやすいです。

いくら高くて効果の高い化粧水でも、間違った保管方法・使用期間では効果が薄れてしまいます。

 


-コスメ・美容

© 2021 美Style